FP2級対策の公式スマホアプリはこちらから無料DLできるよ!

39.諸外国の税制度

どくが君
海外の税金か〜よくわからないけどなんだかすごそうだね!
先生
今まで目を向けてきたのは、日本国内だからね。FP2級試験では、国による違いを詳しく知る必要はないが、主な部分だけは確認しておこう。

諸外国の税制度

今まで学習したものは、ほぼ日本のものである。外国ではもちろん税制度は異なるので、諸外国のそれについても参考に見ていこう。

 

国民負担率(2009年)

  日本 アメリカ イギリス  ドイツ フランス スウェーデン
社会保障負担率 15.9 8.6 10.8 22.9 24.6 17.2
租税負担率 23.0 26.1 38.5 29.1 37.8 49.0
国民負担率(合計) 38.9 34.7 49.2 52.0 62.4 66.2
高齢者人口比率 22.8 12.3 16.1 18.8 16.3 17.2

日本の国民負担率は、ヨーロッパ諸国に比べ低い。

社会保障負担率や、租税負担率がヨーロッパ諸国に比べ低いからである。

 

所得課税・消費課税・資産課税などの税収構成比(2009年)

  日本 アメリカ イギリス  ドイツ フランス スウェーデン
所得課税 54.5 63.4 48.7 49.4 38.4 53.0
消費課税 29.6 22.1 36.1 46.6 39.6 35.5
資産課税 16.0 14.5 15.2 4.0 22.0 11.6

アメリカでは所得課税が大きな割合を占めており、ヨーロッパ諸国では消費課税の割合が大きい。

  • 所得課税:個人や会社の利益を対象として課される税金(例:所得税、法人税など)
  • 消費課税:モノやサービスの提供などを対象として課される税金(例:消費税、酒税、たばこ税など)
  • 資産課税等:資産(土地や建物など)を対象として課される税金(例:相続税、贈与税、固定資産税など)

 

 

消費税(2014年)

  日本 アメリカ イギリス  ドイツ フランス スウェーデン
消費税率 8.0 0 ※1 20.0 ※2 19.0 ※2 19.6 ※2 25.0

※1 州によって税率は異なり、消費税はなく、小売売上税がある。

※2 商品によって税率が異なる。主に贅沢品に高税率、生活必需品に低税率が課される。

アメリカには消費税は存在しなく、ヨーロッパ諸国と比べると、日本の消費税率は大幅に低い。

 

法人税(2014年)

  日本 アメリカ イギリス  ドイツ フランス スウェーデン
消費税率 34.6 40.8 23.0 29.6 33.3 22.0

アメリカの法人税率が一番高く、ヨーロッパ諸国と比べると日本の法人税率は高い。

 

所得税・住民税(2014)

所得や国の地方でも大きく分かれるので、具体的な数字は出さないが、

日本はアメリカやヨーロッパ諸国に比べ、かなり低い水準となっている。

どくが君
消費税が5%から8%に上がっただけで随分上がった気がしたけど、25%の国もあるんだね!100円のカップラーメンは125円もするのか〜。こう比べてみると、日本は全然安い方なんだね。
先生
ヨーロッパやアメリカは商品により、税率が分かれていたりするから一概には言えないけどね。全体的な負担率で言うと、ヨーロッパ諸国に比べると確かに低い水準だね。