FP2級対策の公式スマホアプリはこちらから無料DLできるよ!

15.第三分野の保険

どくが君
第三分野ってことは、前にやった生命保険が第一分野で、損害保険が第二分野ってことかな?
先生
やるじゃないか。かなりの知識がついてきている証拠だ。複数の第三分野保険があるが、主なものをいくつか見てみよう。

第三分野の保険とは

生命保険(第一分野)、損害保険(第二分野)に属さないものを指す。

 

医療保険(単体契約)

定期型・終身型がある。

1回の入院では60日や120日以内などの支払い日数の限度がある。

180日以内に、同じ病気で再入院した場合は、1回の入院とされる。(上の支払い日数の限度と関係)

 

がん保険

定期型・終身型がある。

がんで入院した際には、入院初日から日数無制限で給付金が支払われる。

責任開始日から約3ヶ月の間にがんが発覚した場合は、契約は無効となる。

手術や死亡、診断時に支払われる。

 

特定疾病保険(3大疾病保険)

3大疾病:がん、急性心筋梗塞、脳卒中

所定の状態になった場合は、生存中に死亡保険金と同額の特定疾病保険金が支払われる。

3大疾病が原因かに関わらず、死亡すると死亡保険金が支払われる。

(特定疾病保険金 or 死亡保険金のどちらか一方が支払われる)

 

介護保険

所定の要介護状態になり、その状態が一定期間(一般的に180日)継続したとき、一時金または年金を受け取れる。

所定の要介護状態とは、要介護2以上、要介護3以上など保険会社によって異なる。

比較的、新しめの保険で多くの形態があり、細かく契約内容を確認する必要がある。

どくが君
60日とか120日とか、日数が多く出てくるね。しっかりと保険金が支払われる期間に限度があるんだね。 
先生
さすがに無期限で支払っていると、保険会社も潰れてしまうからね。特定疾病保険やがん保険なんかは、医療保険に含まれるが、範囲を絞っているがん保険などのほうが一般的に保険料が安いんだよ。